« 甘えん坊だらけでてんてこ舞い!? | トップページ | 窓辺が猫だらけ »

2009年5月10日 (日)

チロちゃん、虹の橋へ

2008_08040037

愛知の姉の家で飼っていたチロちゃんが、5月7日に虹の橋に渡りました。

チロちゃんは2年前の6月に姉の家族が迷い犬として保護した大型犬です。

その時の話はこちらです。

保護した時はすでに目もあまり見えず、耳もあまり聞こえない老犬でした。

複数の病気も見つかりました。

赤い首輪をつけていたところを見ると公園に捨てられたようでした。

保護した時には胃の中には草しか残っていなかったそうなので、長期に渡って公園で放浪生活をしていたのかもしれません。

チラシを貼っても飼い主さんが見つからず、姉の家で飼うことになりました。

チロちゃんは普段はおとなしいのですが、突然噛むことがあり、甥は何度も噛まれました。

姉も1度ひどく噛まれ、出血性ショックでもう少しで死にそうなるくらいの大けがをしたことがありました。

それでもチロちゃんをかわいがっていました。

夏はエアコンの入ったリビングでくつろぎ、冬はお布団で寝てました。

晩年は階段も上がれず、抱っこしてもらっていました。

おしっこを我慢させるのがかわいそうと姉は仕事後も出かけてもいつも時間を気にしていました。

私が去年の夏に泊まりに行った時は私の枕の上で静かに寝てました。

2008_08040085

チロちゃん、たくさんの病気を抱え辛かったでしょう。

どうか虹の橋でゆっくり休んでください。

ゆっくり休んだらまた元気よく遊んでくださいね。

|

« 甘えん坊だらけでてんてこ舞い!? | トップページ | 窓辺が猫だらけ »

ダイアリー」カテゴリの記事

コメント

人にも動物にも持って生まれた出会いの運というものがあるのでしょうね。
チロちゃんは、最後はお姉さんのお宅で、大事にされて、穏やかな犬生をまっとうできて本当に幸せでしたね。
御冥福を祈ります。

投稿: みゃんた | 2009年5月10日 (日) 08:59

チロちゃんのご冥福をお祈りします。
お姉さんと出会い、家族として迎え入れてくれた2年はチロちゃんの晩年は、とても幸せだったと思います。
天寿全うです。
これからはチロちゃんが虹の橋からお姉さん家族を見守ってくれることでしょう。
安らかにお眠り下さい。

投稿: amirin | 2009年5月10日 (日) 10:59

終わりよければ全て良し…
お姉様の家で過ごした時間以外は、とても辛かったかもしれない
でも、そんなことは忘れてお姉様の家で幸せに過ごした時間の思い出をもって笑顔で虹の橋へ行こうね
そしたらまた大好きな人たちの下へ帰ってこられるよ

投稿: kuro-rin | 2009年5月10日 (日) 11:05

チロちゃん、お姉様ご家族に、ありがとうと感謝しながら虹の橋へ旅立っていかれたと思います。
2年前、人間への信頼が揺らぎ、心の糸が切れかかった頃、お姉様たちと出会えたこと。
決して長くはなかったけれど、濃密に、幸せに暮らせたこと。。
いっぱいいっぱい感謝しながら、今度は虹の橋からお姉様たちを見守ってくれることでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: ブルーアトラス | 2009年5月10日 (日) 13:10

私の実家も5年前に、柴犬&紀州犬のハーフの雌犬を、虹の橋へ送り出しました。15年の天寿を全うしました。チロちゃん、お姉さんの元で暮らした2年は、決して忘れないでしょう。最期を看取ってもらえて、良かったね。犬や猫といった「愛玩動物」は、飼い主からの虐待で「人間不信」に陥りやすく、信頼関係の再構築がきわめて難しいと、言われています。お姉さんご自身も、瀕死の重傷を負われながらも、献身的な介護で信頼関係を築かれた事、「脱帽」の一言しか出ません。天寿を全う出来たと、思います。心から、哀悼の意を表します。

投稿: しろたび | 2009年5月10日 (日) 19:26

覚えていますよ、チロちゃんのこと。
「終わりよければすべてよし…」とおっしゃったように、辛いこともあったけど最後は暖かい家庭で大切にされ、幸せの中旅立ててよかったですね。
突然噛むチロちゃんの心の傷に寄り添い、深い愛情で包んでこられたお姉さま家族に胸が熱くなりました。
虹の橋では病気もなくなります。元気一杯たくさんの仲間と遊んでくださいね。
ご冥福をお祈りします。

投稿: いな | 2009年5月10日 (日) 19:44

チロちゃんお疲れ様でした

チロちゃん幸せだったと思います!

チロちゃんは虹の橋で皆さんの幸せを願って見守っていると思います。

チロちゃんのご冥福をお祈り致します

投稿: ゆう | 2009年5月11日 (月) 20:43

☆ みゃんたさんへ

お返事が大変遅くなってごめんなさい。

やさしいコメントをありがとうございました。
チロちゃんは姉の家族に大事にしてもらって最後は穏やかな犬生をまっとうできたと私も思います。

投稿: 「猫だらけ」の家主 | 2009年5月13日 (水) 20:37

☆ amirinさんへ

お返事が大変遅くなってごめんなさい。

温かいコメントをありがとうございました。
チロちゃんは姉の家族と出会って、みるみるうちに見た目も表情も変わりました。
去年の夏に会ったときにエアコンの入った部屋で幸せそうにお布団の上で寝ていた姿が印象的でした。

投稿: 「猫だらけ」の家主 | 2009年5月13日 (水) 20:43

☆ kuro-rinさんへ

お返事が大変遅くなってごめんなさい。

終わりよければ全て良しですよね。
チロちゃんには笑顔で顔で虹の橋へ行ってほしいです。

投稿: 「猫だらけ」の家主 | 2009年5月13日 (水) 20:46

☆ ブルーアトラスさんへ

お返事が大変遅くなってごめんなさい。

チロちゃん、最後は幸せだったと私も思います。
複数の病気を抱えた老犬になってから、山の中にある大きな公園に捨てられさまよい、おなかをすかせていた時に義兄に出会い、本当によかったですよね。

投稿: 「猫だらけ」の家主 | 2009年5月14日 (木) 16:22

☆ しろたびさんへ

お返事が大変遅くなってごめんなさい。

しろたびさんのご実家でもワンちゃんを虹の橋へ送り出されたのですね。

姉はチロに噛まれた時にひどい出血で大学病院へ運ばれ、死にそうになったと後で聞いてびっくりしました。
そんな大けがをしても飼い続けるというのはなかなかできることではないですよね。
最後の2年はチロちゃんにとってよい時間だったと思います。

投稿: 「猫だらけ」の家主 | 2009年5月14日 (木) 16:26

☆ いなさんへ

お返事が大変遅くなってごめんなさい。

チロちゃんのこと覚えていてくださいましたか。
ありがとうございます。

チロも病気の老犬になってから捨てられ、辛いこともありましたが、最後は幸せだったと思います。

以前飼われていたおうちではドッグフードではなかったようですし、甘い物をもらっていたのか歯がボロボロでした。
最後は糖尿病が悪化したようです。

初めて私が会った時はグレーの犬だと思っていたのですが、手入れをしてもらっているうちに白とベージュの色だということがわかりました。
かなり汚れていたということですよね。

投稿: 「猫だらけ」の家主 | 2009年5月14日 (木) 16:36

☆ ゆうさんへ

お返事が大変遅くなってごめんなさい。

チロちゃんは幸せだったと私も思います。
チロちゃんの冥福を祈ってくださり、ありがとうございました。

投稿: 「猫だらけ」の家主 | 2009年5月14日 (木) 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448359/29542267

この記事へのトラックバック一覧です: チロちゃん、虹の橋へ:

« 甘えん坊だらけでてんてこ舞い!? | トップページ | 窓辺が猫だらけ »